返済するときの金利はどの程度なの?

利息制限法で定められた上限金利の範囲内です

カードローンの金利設定は、金融業者が法律の範囲内で自由に決めることが出来ます。適用される法律として、消費者金融だけでなく銀行や信用金庫であっても、利息制限法第一条で定められた上限金利の範囲内でなければなりません。上限金利は、貸付額に応じて段階的に厳しくなっており、10万円未満ならば年20%、10万円以上100万円未満は年18%、100万円以上ならば年15%が上限と定められています。年15%以内としておけば、いずれにしても利息制限法に抵触することはありません。消費者金融や信販会社のカードローンは、貸付審査基準を柔軟にする代わりとして、貸付金利を利息制限法で定められた上限金利ギリギリの状態としています。

銀行カードローンの金利は低い

銀行カードローンの金利設定は、多くの銀行で年15%未満に設定されているので、利息制限法に抵触することなく低金利融資を受けられます。利用限度額に応じて段階的に金利を引き下げており、500万円以上の利用限度額設定では、年5%程度の金利としている銀行も少なくないわけです。銀行カードローンが低金利融資可能な背景には、保証会社の存在があります。保証会社と契約者が別途保証契約を結ぶことにより、契約者が返済不能に陥った時に銀行は保証会社に対して代位弁済請求を行うだけで、貸付元本を全額回収可能です。銀行自体が貸し倒れリスクを追わないことにより、低金利融資を行っても銀行は損をしないからこそ、低金利融資が実現しています。

© Copyright Examination Card Loan. All Rights Reserved.