カードローンの審査基準が知りたい。

消費者金融と銀行では異なるカードローンの申込み基準

カードローンと一言で言っても、消費者金融と銀行などの金融機関のカードローンでは、基本的に規約そのものが異なります。
消費者金融は、総量規制の対象になっていますので、他社を含めて年収の1/3以上の借入は、できませんが、銀行のカードローンは総量規制対象外になっているので、原則として制限はありません。
会社員やアルバイトの方で、安定した収入がある状態であれば、どちらのカードローンにも申し込む事が可能ですが、専業主婦などのように収入が全くない人の場合は、配偶者の収入が基準になるので、銀行などのカードローンを選択する事になります。
銀行のカードローンに申込みをする時にも本人か配偶者に安定した収入がある事が、前提になりますので申込みの際には、事前に商品概要を確認しておく必要があります。

カードローンの審査で行われる基本的な審査項目

カードローンの審査で最初に行われるのは、信用情報機関に登録されている情報での機械的な審査になります。
信用情報期間には様々な情報がありますが、特に重要な部分は、他社での借入額や延滞などの金融事故の有無に関する部分になります。
他社での借り入れに関しては、総額や借入件数にもよりますが、特に件数を定められている訳ではありませんが、短期間で多くの金融機関や消費者金融に申込みをしている人は注意が必要です。
金融事故は、クレジットカードの返済も含まれますので、カードローンやキャシング利用の返済はもちろん、携帯電話の料金の滞納や未納も審査には大きく影響します。
金融事故がある場合は、かなり厳しい結果になると思われますが、何事も問題がない人であれば、その後の在籍確認の段階でほぼ審査には通過していると思って問題はありません。
もちろん、最終手続きの段階でミスがあれば、契約は不可となりますので、注意は必要です。

© Copyright Examination Card Loan. All Rights Reserved.