ローンの返済方法にはどのようなものがあるの?

毎月決められた金額を返済する約定返済

ローンの借入を行う際には、証書貸付やカードローンといった様々な方法があります。毎月安定した収入を基にした返済計画を立てることが出来るので、約定返済額を定めた上で融資は行われます。残高スライドリボルビング方式や元利定額返済方式など様々な返済方式が金融商品ごとに採用されており、契約時にどのような返済方式が採用されているのか確認しておけば、同じ金額を借りた時に総返済額を減らせるでしょう。しかし、何も考えずに金利だけを比較してローン契約先を選ぶと、僅かな収入の増減により返済が苦しくなる可能性があります。余程金利が低い場合を除いて、毎月の約定返済額は生活が苦しくならない程度の範囲内に留めておくことが大切です。

随時返済を併用して早期完済を目指そう

ローン返済を効率よく行う上で重要なことは、毎月決まったサイクルで返済する約定返済に加えて、任意のタイミングで好きな金額を追加返済出来る随時返済の利用条件を確認しておくことです。証書貸付では、原則として随時返済が認められておらず、一括返済のみが可能とされているケースが大半となっています。なぜなら、貸付証書には返済計画が明記されていて、約定返済のみを受け付けることを想定しているからです。カードローンといった繰り返し借入と返済を行えるローンならば、随時返済が一般的に認められているので、随時返済の方法について確認しておけば、困ることは無いでしょう。随時返済を行う際に、事前申告制を採用しているケースと任意の日に直接ATM経由で返済可能としている金融業者があります。

© Copyright Examination Card Loan. All Rights Reserved.